出会い系サイト、初めての経験談

標準


出会い系サイトで今の彼女と一年前に出会いました。私が出会い系サイトを利用するのは、その時が初めてでしたから、たくさんある中からどのサイトを選べばいいのか、どんなメールを女性に送ればいいのか、全てが手探りでした。
まず、サイトの選び方ですが、女性の在籍率という点で優れているのは有料系のサイトです。有料サイトに登録している女性はこう考えているのです。「お金を払ってまで登録しているのだから、経済的には安定しているはず。遊びではなくて真面目に出会いを求めている男性が集まるはずだ」と。ですから、自然と女性の在籍率が上がり、男性からのアプローチに対しても真剣に応えてくれる確率は高くなります。男性にしても、お金を払うのは嫌ですから、積極的に有料サイトに登録しようとは思いません。ですから、男性の比率が下がり、女性の比率が上がります。ですから私も有料サイトを選びました。実際にかかるお金も、月2000円〜3000円程度ですから、たいした出費ではないのです。無料サイトでかける手間と暇を考えれば、むしろ、有料サイトのほうが安上がりになるかもしれませんよ。
次に悩むのが女性へのメールの送り方。たいていの場合、女性にメールを送っても返事は戻ってきません。でも、送った先がサクラだったりすると、延々と無駄なやり取りをすることになりますから気をつけてください。女性から返事をもらえないからと言って、いちいちへこんでいてはいけません。きちんと内容のあるメールであれば、数十通送れば一通くらいは返事がもらえるはずです。そこからチャンスを広げていきましょう。
お互いの事をどれだけ理解しあえるかということが出会い系サイトでは大事です。そのためのツールとしてメールがあるわけです。ですから、出会い系サイトでのメールの役目は重大です。メール次第で出会えるかどうかが変わってくるとも言えるでしょう。
では、どんなメールが良いのでしょうか。ある程度メール交換が続いて、親しくなってくれば許容範囲も増えるでしょうが、はじめはかなり厳しい条件をクリアしなくてはいけないでしょう。
相手の事は何もわからないわけですからメールの内容は大事です。どんなメールかということで判断するしかないわけですから、当然厳しくなるというわけです。ですから、男性は女性がどう思うかということを常に意識してメール作製をしなくてはいけないのです。
とはいっても、知らない相手ですから、はじめは常識的に問題のないメールを送ることです。特別なメールをつくろうということはあまり考えないほうが良いでしょう。良い印象を持ってもらえるメールであることが基本です。ですから、言葉使いはもちろん、メールの長さなどにも気を使うことです。
いきなり初対面の相手にタメ口のメールを送ったりはしないことです。また、長文メールで気持ちを長々と伝えようなんて事をしても意味は無いでしょう。ほとんどの女性は読んではくれないと思うことです。知らない男性の長文メールに興味を持つ女性はいないといえ事です。読みやすくて印象の良いメールを心がけることです。

出会い系サイトでは女性本位のメールを送ろう

標準

お金をかけずに複数の女の子と関係を持ちたいと思う男性は多いと思いますが、それなら出会い系サイトを利用するのが一番の近道ではないでしょうか。駅前なんかでナンパするといのもひとつの有効な手段だと思いますが、ひとりだけだとちょっと恥ずかしいし、そんな度胸はないという男性のほうが多数派でしょう。
しかし、ナンパに比べると、出会い系サイトでは女性にアプローチをかける男の数とずっと多いという難点があります。ひとりの女性に対して、男性のメールが一日で数十通も届くというケースはざらですから、その厳しい競争をまずは、勝ち抜くことが複数の女性と関係を持つための最初の壁となるでしょう。実際、出会い系サイトで男性から女性に届くメールというのは、自己満足かあるいは自己賛美に満ちたつまらないものが多いですから、真に敵となるライバルはそう多くはありません。女性のプロフから、彼女の心を想像してみてください。彼女が何を望んでサイトに登録しているのか、どんな男性との出会いをもとめているのかを想像するのです。そして、彼女の心を満たしてあげるような、自分本位ではなくて彼女本位のメールを送るのです。
そんなメールを書けるようになれば、女性から返事のメールを貰える日はそう遠くはありません。打率一割くらいには持っていけるでしょう。初めのメールが上手くいけば、そのあと関係を続けるのは難しいことではありません。彼女の気持ちに真摯に向き合っていれば、自然とお互いに会いたいという気持ちが強まってきますから。
出会い系サイトで女性から返信をもらうのは難しいことではありますが、実際に会えるようになると利用するのが本当に楽しくなってきます。女性から返事をもらうコツさえつかめれば、同じようなやり方で次々にメールを送っていけば、それなりのメールを返信してもらえる確率はかなり高くなるでしょう。
出会い系サイトにおけるメールのやり取りは、現代における就職活動と似通ったところがあります。それは相手にインパクトを与えるような履歴書でなければ書類審査の時点て落とされてしまうということ、つまりは女性の関心を買えるメール、あるいはタイトルにしないと、開封すらしてもらえないということです。タイトルだけで興味をひくなんてどうすればいいのか分らないという方も多いでしょう。だからと言って、中身とは全然ちがう偽りのタイトルをつけて女性の気をひいたとしても、そんなものは中身を見られた時点でアウトです。女性の興味をひくタイトルをつけるには、日ごろから女性がどんなものに関心を持っていて、どんなものを欲しがっているのかを、観察して情報収集するというのが一番の近道です。
でも、どんなに観察・研究したからといって、100%返信がもらえる方法は存在しません。10%くらいの確率で返信をもらえたらいい方です。私の場合は、ファッションやドラマの話をメインに相手に話を振っていきます。自分自身もある程度関心のある分野で話を広げていかなければすぐにボロが出てしまいますから、日ごろか女性が好むものを学んでいる必要があるわけです。